誰にも言えないエッチな体験談。酔った部下の嫁さんを抱いてしまった話。

エロ・風俗話が読み放題! えっちな図書館

  1. HOME
  2. アダルト体験談
  3. 部下の嫁を頂いてしまった話。

部下の嫁を頂いてしまった話。

家に遊びに来た部下夫婦

私が単身赴任で地方に住んでいた時の話です。会社から指定された部屋はかなり広く持て余していました。そんなある日赴任先の部下が嫁を連れて自宅に遊びに来ることになった。奥さんはモデルとも思えるスタイル抜群の美人です。正直、こんな女と一回でいいからやりたいと思ったほどです。ウチに来た時も白いミニスカートにブラウス姿で、下着の線がくっきり見えて、そそられました。

手料理を肴にビールを飲んでいましたが、部下はそれほど酒は強くなく、大体1時間ぐらい経つと眠くなることも知っていました。案の定、部下はトロンしてきて、奥さんもテンションが上がったのか濃いめのお酒をガンガン飲んでいきます。酔いが次第にまわっていき、胸元から見える肌は徐々にピンク色になっていきました。いろいろ話をしていくうちに、奥さんが写真に興味があることがわかり、私がこれまでに撮影した写真を見せるために隣の部屋に行くことになりました。

部屋に入るとお酒が効いてきたのか思うように歩けなくなり、隣の部屋で倒れこんでしまいました。ミニスカートははだけて、かわいいピンクのレースのパンティが丸見えです。ほのかに甘酸っぱいような体臭がただいました。私は、介抱するふりをして体を抱き寄せ、「大丈夫?」と顔を彼女の顔に寄せました彼女は嫌がる様子もみせないため、軽くキスをしてみました。すると、彼女の方から抱きついてきました。

夫と間違えているのか、部下の名前をいいながら「○○大好き。おまんこに早く入れて!」と舌をからませてきました。たっぷりキスをした後に、ブラウスのボタンをはずし、ピンクのブラもはずすと超美乳おっぱいが出てきました。僕も我慢出来なくなり揉みしだき舐めてあげました。

「あ~ん、気持ちいい。」とそれまでの彼女からは想像もできない卑猥な言葉が次々と口から出てきました。アソコを触ると驚く程グチョグチョに濡れていたので即挿入。彼女の中は狭くて締りがよく最高に気持ちのいいものでした。さすがに中出しはせずに外に出しましたが、数分で2回も射精しました。尻に掛けた精子を拭いていると彼女はそのまま眠ってしまった、服を元に戻して、毛布をかけてあげました。

それから1時間ほどして、部下が眠りからさめ、彼女が寝ていることに気がつきました。私は、「二人とも酔っ払っちゃたみたいだな」というと、二人とも申し訳なさそうにして、帰っていきました。

あれは本当に酔っぱらってただけなのか、ただセックスがしたかったのかいまだに謎です。

サイト情報

エロ・風俗話が読み放題! えっちな図書館では

アダルト情報を中心に

記事配信しているので

未成年の方の閲覧はご遠慮ください。

またデータの無断転載・無断複製を

固く禁じます。